クレイアニメやパペットアニメなどのいわゆるアートアニメ作品を綴っていきます。そのほか、テレビやDVDで見た少し変わったアニメーションなど。


by quaybrothers
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
c0054167_15334100.jpg「ティム・バートンのコープス・ブライド」
2005年、イギリス作品
10月22日公開


いよいよ公開が近付いてきました。ティム・バートン監督の久々のストップモーション・アニメ作品です。
まだ、あまりTVスポットなどは目にしていませんが、映画館では予告編がよく流されているのでしょうか。

予告編を見たかぎりでは、いかにもティム・バートンといった感じで、雰囲気は良さそうです。スラップスティック・コメディを基調としながらも、最後に少しほろっとさせてくれることを期待。

この作品は、映画館で見ておきたいところですが、さて。

映画の公式サイト(日本)
映画の公式サイト(アメリカ)
goo映画のページ
[PR]
# by quaybrothers | 2005-10-08 01:57 | 映画

The Last Minute

c0054167_22594064.jpg
Nicolas Salis
The Last Minute (La derniere minute)

9月17日放送のNHK-BS デジタルスタジアムで見掛けて、思わず身を乗り出しました。
ニュースコーナーでシーグラム2005というCG展覧会が紹介されていて、そこで注目されていたという作品です。Nicolas Salisというフランス人監督の約15分の3Dデジタルアニメーション。時が支配する世界に叛乱を起こす男の物語とか。

テレビで流れたのは30秒ほどだけでしたが、多少暗めの美しい色調のなかに、緻密にデザインされた飛行機などのメカがちりばめられていて、なかなか面白そう。いまのところの印象では、「未来世紀ブラジル」のような感じのイメージです。

作品データを見てみると、カンヌのほか、いろいろな映画祭に出品されているようです。ということは、来年の米アカデミー賞のノミネートも期待できるかも。個人的には、今年のノミネート作品と比べても、遜色ないように思っています。

NHK-BSデジスタのページ
The Last Minuteの作品データ
Foret Bleueのページ
(特撮技術の会社なのでしょうか。[VIDEOS]のほうに、"The Last Minute"の場面映像の動画が置いてあります(要Quicktime)。)
[PR]
# by quaybrothers | 2005-09-29 23:29 | 注目作品

プリンス&プリンセス @NHK

山村浩二さんのブログでも紹介されていた、フランスの切り絵アニメ「プリンス&プリンセス」ですが、10月にNHK-BShiでも放映される予定です。

10月28日(金) 23:10~24:10 BSハイビジョン
と、ここでまたひとつ問題が。
何故にハイビジョン!? NHKめ、アニメーションファンの足元を見やがって!!

閑話休題。「ファンタスティック・プラネット」もそうですが、こういったフランスのアニメーションを見ていると、アニメは、技術よりも、世界観やストーリーのほうが大切なんだとしみじみ実感します。

NHK-BSのページ
[PR]
# by quaybrothers | 2005-09-28 20:48 | テレビ
「ハウルの動く城」DVDに隠れがちですが、こちらのDVDも各所で予約を受け付けるようになりました。

ラインナップを見てみると、ハウス食品やりそな銀行のCMは、「あ〜、あれね」といったもの。ハウスはともかく、りそな銀のCMはシリーズ展開されないうちに、いつの間にか終わっていたように思ったのですが。

あと、個人的に意外だったのは、日本テレビの金曜ロードショーのオープニング。上品な感じのおじいさんが映写機を回しているアレですよね。そうか、これもジブリだったのか。

Pixarであれば、こういった小品は、長編作品のDVDのオマケに入れてくれるところなんですけれど。こういった点が、ジブリは商売上手なのか、何なのか。まあ、買いますけどね。
[PR]
# by quaybrothers | 2005-09-25 00:20 | DVD

Birthday BoyのDVD発売近し?

c0054167_1038156.jpgBirtyday Boy、韓国人のSejong Park監督の10分ほどの3Dテジタルアニメーションです。
2005年の米アカデミー賞 短編アニメ部門にノミネート。惜しくも受賞は逃しましたが、日本でも平成16年度文化庁メディア芸術祭で優秀賞を受賞するなど、高い評価を受けています。
個人的にも、アカデミー賞のノミネート作品のなかでもいちばん好きな作品です。

「Ryan」もアメリカでDVD化されたことですし、この作品のDVD化を首を長くして待っていたのですが、オーストラリアではDVDが発売されているようです。さすがに地元ですね。

DVDの販売比較サイトなどを見てみると、Amazon.comではまだ扱っていないみたい。一方、オーストラリアのHMVでオンラインで買えるようです。21オーストラリアドル、1,800円くらい。

リージョンフリーなので日本でも見られますが、問題はテレビ方式がPALということ。日本のテレビでは視聴は無理ですから(PCなら大丈夫)、こちらももう少し待ちといったところでしょうか。

Birtyday Boy公式サイト
当ブログの「Birthday Boy」の記事(アカデミー賞ノミネート時)
[PR]
# by quaybrothers | 2005-09-19 21:44 | DVD